実際にツール利用されている方々の実績一覧

【勝てると確信!?】ロット数を倍に上げてトレードした結果…!?

今回のライブ配信では3回トレードしました。

1回目のトレードでは残念ながらルールに乗っ取って損切する結果になりましたが、残り2回のトレードは勝ち切りました。

トータルの結果は・・・

さとし

-964,687円でした。。。

結果としてみれば残念な結果となりましたが、私なりの反省点が見つかりましたので、次回にしっかり繋げていこうと思います。

負けた原因は〇〇だった…!?

今回のライブ配信の1回目のトレードでは、ルールに従って損切りすることになりました。

今になってチャートを見てみたのですが、こんな感じになっています。

損切したトレードは、GBP/USDの5分足でエントリーしました。

1.31452が1ポジション目のエントリーポイントで、

2~10ポジション目まで1ロットずつ増やして売り増ししていきました。

最後に取ったポジションが1.31605でしたが、ここで売り増しを止めることにしました。

なぜ枚数を増すことを止めたのかというと、完全に資金管理の問題でした。

そして、今回負けた理由も資金管理が大きく関わってきています。

普段は、0.5ロットでエントリーし、枚数を増やす時も0.5ロットずつ枚数を増していたのですが、今回は1ロットでエントリーし、売り増しも1ロットずつ増やしてポジションを取っていきました。

今回、ロット数を上げたのも私の中で理由があって上げたのですが、裏目に出てしまいました。

私の中では、確信があったんです。

川の向き、各時間足で売りシグナル表示があり、エントリータイミングが完璧だと思ったのがロット数を上げた理由です。

当たり前ですが、ロット数を上げれば資金面で圧迫を受けます。

相場も予想以上に上昇してしまい、途中で売り増しを止めざる終えませんでした。

投資は損切が大事とよく言われますが、損切しない投資額でのトレードが理想です。

仮に、今まで通り0.5ロットずつエントリーしていけば損切することなく爆益になっていました。

ツールの川とシグナルは間違っていませんでした。

問題は、私の資金管理と損切に対するメンタルでした。

投資をする上で働くとされているプロスペクト理論という有名なものがあり、人間は利益よりも損をしない方に動くとされています。

なので、投資においては損をしたくないので、ポジションがプラスになるまで保持してしまい、強制ロスカットを食らうというケースがあるようで、それを回避するために損切ラインを決めるというルールを投資では持ちます。

私は自分でも思っていますが、欲が出やすい人間です。

なので、損切ラインをある程度決めておいてトレードしていましたが、今回は完全に逆でした。

終わったことなので、言い訳にしかならないですが、もう少し持っていれば…でした。

今回のトレードで資金管理に関して改めて大切さを痛感したと思い、次回以降の教訓にしていきます。

皆さんは、くれぐれも無理な投資額でのトレードはしないようにして下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です