実際にツール利用されている方々の実績一覧

FXは耐久力も大事だ!粘りに粘り朝方まで持ち越した結果…!?

2/25 ライブ配信

 

 

始めにEURNZDで売りで入り1000円ほどプラス

次にGBPJPYで一度の買い増しで2万円ほどプラス

最後にAUDNZDにエントリーし今回は計3回のトレードをしました。

結果は・・・

さとし

トータルで40,234円のプラスでした!

ライブ配信を2回に分けての長期戦

1回目、2回目のトレードは、エントリーも早く入れました。

1回目のトレードは、とりあえず入ってみた感じの様子見でした。

もう少し持っても良かったとは思いましたが、あまり利益も見込めない可能性を感じたので、早めに切り上げて別のエントリーポイントを当たることにしました。

2回目のエントリーも比較的早くエントリーポイントが見つかり、トレードを開始しました。

数回の買い増しで早い段階でプラス収支まで推移してくれたので、そのままプラスで決済出来ました。

今回の1回目、2回目のトレードは浅めのトレードでしたので、利益は伸びにくかったですが、プラスで終われたことを考えると全然良かったのかと思っています。

トレードを始める時に意識したいことでもありますが、流れを作ると言いますか、その日のトレードに慣れさせるという面では、浅めでササっとトレードが終えられるエントリーは良いのかと思います。

エントリーにビビり過ぎたり、固くなってしまうよりは、まずは入ってみるという考えは必要なのかもしれません。

そんな感じでプラスを積み重ねて3回目の取引をするためにエントリーポイント探して、少し時間がかかりましたが、川の流れ、時間足、サインと悪くないところでエントリー出来ました。

3回目のトレードは、買い増しをガンガン行うようなトレードになりまして、視聴者の方には不安に思った人もいるかと思いますが、前回の取引の反省からロット数、資金面では気を使ってトレードを行いました。

結果からいうと、20ポジションを取ることになったのですが、ロット数に関して反省なしで今回もトレードを行っていたら、間違いなく資金が圧迫されて損切を行わざる終えなかったと思いますが、学びと細心の注意でギリギリのロット数でポジションを取り続けていくことが出来ました。

ここまでポジションを持つとやはり長時間のトレードになりますね。

このツールでは、基本的にスキャルピングでのトレードで超短期でサクッと利確をしていきますが、スキャルピングというには耐久力が必要なトレードとなっていました。

あまり意識していなかったですが、おそらく6時間くらいはポジションを保有していたのかと思います。

ライブ配信的にもあまりに長くなるとアップされても見れなくなってしまうので、2回に分けるという手段を取りました。

1回目の動画を見ていて「利確してないじゃんか」とか、「結果は?」という方は、2つ目の動画をご覧下さい!

早朝の時間帯でしたが、プラ転とサインを待ってしっかりプラスで締めることが出来ました。

見ている方には、またポジション取り過ぎてマイナス膨らんでいるよとか思われた方もいるかと思います。

見てもらえば、分かると思いますが、前回は10ポジ、今回は20ポジの保有でしたが、マイナスの膨らみ方が全然違ったとお解かり頂けると思います。

マイナスになっても今回のように穏やかにマイナスになってリスクを終えている時は、メンタル的もそんなに応えません。

あとは、上がってくるのを待つだけでした。

上がるだろうなと予測はついても、正直、上がるまでにかかる時間は解りません。

なので、耐久レースみたいになりましたが、勝ち切るまでやり来ました。

最後まで視聴してくれた方もいて励みになりました。

粘り強くやりきる姿勢は見せられたのかと思います。

あまり長いトレードは集中力も落ちますし、理想ではないですが、何かをやる時にやり切る姿勢の大切さが今回の配信で伝わっていれば幸いです。

何か新しいことを始めたいけど、スグ諦めてしまったり、耐えられない人は少しずつでも諦めの悪さを覚えていくと成果は上がってくると思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です