実際にツール利用されている方々の実績一覧

エントリーポイントが見つからず挑んだトレードで見事勝利!!

4/2 ライブ配信

 

①CHF/JPY売りで+約1,500円

②EUR/USD売りで+約15,000円

③NZD/JPY売りで+約4,000円

④NZD/USD売りで+約3,000円

⑤USD/JPY売りで+約5,000円

日中の取引結果も合わせた結果・・・

さとし

73,621円のプラスでした!

 

コツコツ取っていけたトレード

今回のトレードでは、細かくトレードしていきました。

これぞスキャルピングといった感じでトレードを行えていると思っています。

大きく利益を取るのなら、長期で見た方が多くのpipsを取れたりもします。

ですが、FXを始めたばかりだと、ポジションを持つことにドキドキしたり、他のことに手が付かなくなったりといった現象に陥ったりするものです。

私も初めてFXをした時はエントリーした時に、緊張していて決済し終えるまでチャートの値動きを気にしまくりました。

慣れてくればポジションを持っていてもチャートから離れたり、数日ポジションを持ち続けても平常心でいられるようになってきますが、慣れないうちはどうしてもヒヤヒヤしながらのトレードになりがちです。

そして、FXを始めたばかりであれば、FXを専業としてではなく、副業として行う場合が多いでしょう。

副業で行っている場合、本業の時間以外でサクッと短い時間でトレードを終えられたらと思う人が多いかとも思います。

FXで言えば一番短期で行えるトレードがスキャルピングと言われるトレード手法です。

スキャルピングトレードは時間にして数分~数十分を基本としています。

なので、空き時間にチャートを見て、エントリーしたら基本張り付きです。

張り付きと言っても基本は1時間未満ですし、数分で切ることもあるので、時間のない人が行うには一番適したトレード手法です。

ライブ配信や過去のブログでも言っていますが、私がツールを使って行っているのもスキャルピングです。

スキャルピングの良いと思うところは、何といっても些細な変化に対応できることだと思います。

なので、チャートのテッペンをギリギリまで見極めることもできるので、利益を伸ばしていけますし、仮に損切するようになっても出来る限り損失が少なくなるように調整したりできます。

あとは、ライブ配信でも複数回エントリーを行いましたが、小資金であればエントリー回数を増やしていく方が資金は増えやすいと思います。

このエントリー回数を増やすためには、一回のトレードを短期で終えて次に次に行けるトレードを行っていく必要があります。

初心者は、細かくでもトレードになれる意味でも始めは短期トレードがオススメですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です